被害者は立場が弱い

交通事故の示談交渉の場合に注意しなければいけないのが、基本的には被害者の方が加害者よりも立場が弱いケースが多いという事です。特に自分が加入している任意保険が示談交渉などがパックになっている物でないような場合には、余計に不利になりやすくなります。示談交渉をするような場合、一般的には相手が入っている任意保険の担当者との示談交渉になります

示談交渉相手の示談交渉の担当者が、弁護士ではありませんが交渉のプロですので、言葉巧みにだまそうとしてきます。示談金の交渉も相手は精一杯の金額を出しているといっても、実際に弁護士に依頼してみると全然平均水準にまで達していないようなケースも少なくありません。

相手の交渉話術が巧みな場合には、直ぐに示談を成立させてしまいがちですが、じっくりと納得のいくまで交渉をする必要があります。入院治療費などは、基本的には自賠責保険の範囲でなんとかなるケースもありますし、仕事中でしたらそっちから支払ってもらえる事もできます。もちろん中には親身になって交渉してくれる方もいますが、交渉次第では数十万単位で支払う金額が異なってきますので、自分の査定にも響いていしまいます。その為、かなり低めの金額を提示しているケースが多いので注意する必要があります。続いては、無料の弁護士相談について説明します。