交通事故で示談交渉に

交通事故交通事故という物は、自分が安全運転していても巻き込まれてしまう可能性があります。居眠り運転やわき見運転などで信号待ちをしている車に突っ込んでしまうといった事故は毎年のように起こっておりますし、最近は減ってきたとはいえ飲酒運転なども完全には無くなっておりません。また、交通事故という物は車と車で起きるというものではなく、自転車に乗っている時に車にぶつけられてしまう事もありますし、もっと言えば、歩行者の方も車やバイクにぶつけられてしまう可能性などもあるのです。

交通事故という物は、事故の大きさや被害状況によって、被害状況が全然違ってしまいます。全く同じ交通事故はありませんので慰謝料などの金額は全く異なってきます。参考となる過去の事例などもありますが、基本的には示談交渉によって行う事になります。しかし、被害者として示談交渉を行う場合には、最低限の知識が必要になってきます。しかし全てを理解するのは不可能だと言えます。

そこでこちらのページでは、交通事故被害で示談交渉になった際に気をつけたいこと、これだけは最低限覚えておいて欲しい事をご紹介していきます。特に自分が歩行者だった場合や、自転車だった場合など、自分が入っている任意保険の担当者が交渉にあたってくれないような場合も考えられますので、車の免許を持っていないという方も、最低限の知識を付けておいて損はありません。クルマの免許を持っていない方にもわかりやすくまとめておりますので、ぜひチェックしてみてください。